メンズ

オフィス引っ越しはテキパキしたい|ネット環境を迅速に整える

ファイル転送を円滑化

オフィス

企業が支社や取引先に対してファイル転送を行う場合、電子メールでのファイル転送が主流となっているかと思います。電子メールでのファイル転送を行う際に添付できるファイル容量というのは、ビジネスマナーにおいて2MB以内とされています。その容量を超える場合には、転送するファイルを分割して添付するといった方法が取られてきました。また、転送するファイルの容量が1GBなどの大きいファイルの場合には、外部物理記憶装置を利用してファイル転送を行う必要があったのです。どちらにしても、手間の掛かる方法です。外部記憶装置を用いた方法については、郵送費などのコストも発生してしまうでしょう。また、盗難や郵送時の故障等のリスクも発生します。電子メールにおいても、セキュリティ性は高いとはいえません。より安全でスムーズにファイル転送を行いたいと考えるのであれば、ファイル転送サービスを利用しましょう。
ファイル転送サービスというのは、1GB以上のファイルも容易に転送することのできる転送ツールです。セキュリティ性も高く、転送されるファイルは各転送経路において全て暗号化されます。転送されたファイルの受信側についても、ファイルダウンロードをスムーズに行うことができます。つまり、ファイル転送サービスを利用することで、安全で効率的なファイル転送を行うことができるようになるのです。機能性についても、ビジネス向けの機能が多く備わっています。例えば、ファイルの転送先を間違えた場合の情報漏えいを避けるために、送信後にファイルのダウンロードを不可にする機能等が備わっているのです。